ピッツァに合うワインとは

└トップページ  ピッツァに合うワインとは▼

ピッツァに合うワインとは

食事の時間をより充実したものにするためにも、ワインは欠かせない存在です。種類も数多く、イタリアンバルで味わえるパスタやピッツァなどのイタリアンも、赤や白ワイン、ロゼにスパークリングワインなど、組み合わせも豊富です。

こちらでは、ピッツァに合うワインの選び方についてご紹介します。

ワインの種類

ワインは製造方法や原材料によって、4種類に分けることができます。

スティルワイン

炭酸ガスを含まない非発泡性ワインで、多くの人になじみ深い赤や白ワイン、ロゼなどのワインです。
赤ワインは基本的に辛口が多く、白ワインは超甘口から辛口まで種類も様々です。

スパークリングワイン

炭酸ガスを中に封じ込めた発泡性のワインです。日本人になじみ深いものではシャンパンが挙げられます。
シュワッとした口当たりが特徴と言えるでしょう。

フォーティファイドワイン

ワインを作る過程において、後からブランデーなどの強い酒を加えてアルコール度数を上げ、コクや保存性を高めています。酒精強化ワインと呼ばれ、特徴ある味わいを楽しめます。

フレーバードワイン

薬草や香辛料、果汁、甘味料などを加えたワインです。独特な風味が特徴で、食前酒や食後酒、カクテルの原料などに使用されます。

ワインは種類が豊富なため、食事とのバランスで悩むこともありますが、あらかじめ種類を把握しておくことで、味の組み合わせをイメージできます。イタリアンバルで迷ったときはご活用下さい。

ワインの選び方

ワインの選び方

実際にピッツァに合ったワインを選ぶときに大切なのが、ピッツァとの味のバランスです。ピッツァの具材では旬の食材や魚介類をはじめ、様々な具材を使用しているものも多くあります。そのため、トッピング具材の内容を元に、自分好みのワインを選んでいくことがポイントです。

例えば、ズッキーニやナス、トマト、ニンニクなどの食材を活かしたピッツァには、すっきりとした飲み口のワインが合います。旬の食材がメインの場合、旨みを引き立てる赤や白ワインがおすすめです。

また、魚介類の具材を使用したピッツァには、爽やかな酸味の発泡白ワイン、あるいはロゼのワインで味のバランスを取りましょう。チーズやクリーム系の味付けのピッツァには、アルコール度数が低くフルーティーで軽い白ワインや、酸味のしっかりした赤ワインなどの組み合わせが人気です。

ワインとピッツァの味のバランスは、個人の味の好みも大きく反映されます。組み合わせにルールもないため、自分好みのバランスを探して様々なワインを味わえます。レストランや居酒屋などのイタリアンバルを訪れた際は、セットで注文し、独特な風味・味わいを楽しんでみましょう。

ピザイタリアンのカクタスドォーロでは、店内の石窯で焼き上げたふっくら仕上がりのピッツァとワインをお楽しみ頂けます。ランチやディナーをはじめ、女子会にも最適なメニュープランもご用意しております。カジュアルな雰囲気で気軽においしいイタリアンを楽しみたいときは、春日井市にあるカクタスドォーロをご利用下さい。

春日井市 イタリアン ピザ [Cactus D’oro (カクタスドォーロ)]

〒486-0918 愛知県春日井市如意申町8-1-9 サカモトビル1F >>>アクセスはこちら

電話番号 0568-34-2016 / 定休日 火曜日 / LUNCH:11:00~15:00・DINNER:17:00~24:00